日本人会「いちご会」

中央フランスオーベルニュ地方クレルモン-フェラン市に拠点を置くピュイ・ド・ドームいちご会は、日本の行事や伝統文化を子どもたちに伝えていきたいという想いから2011年より始まりました。

現在は、親子支援活動の枠を超え、オーベルニュ地方在住邦人の交流、日本にゆかりのある方々の交流の場、日仏交流、日本人会としての役割も担っております。

⭐️ 認可補習校就学前のこどものための、日本語クラス、いちご子ども園を開設しています。

⭐️ 月に1度の日本語での交流会、いちごカフェを開催しています。


ピュイドドームいちご会 ECOLE-JAPONAISE-DU-PUY-DE-DOME-EJPDは、2012年6月にフランスの法律(Association de loi 1901)に基づく非営利団体として登録されています。

http://www.net1901.org/association/ECOLE-JAPONAISE-DU-PUY-DE-DOME-EJPD,1048493.html

毎年恒例の春のお花見です。ルコック公園やモンジュゼ公園などクレルモン・フェラン市にはたくさんの緑豊かな公園があります。白鳥や鴨、馬にも出会えます。子どもたちが遊べる遊具も併設されています。

いちご会会員の方の手作りクッキー。一瞬でなくなりました⭐️

新年会では、手作り杵と臼で餅つきも行います。なんとこの杵と臼は、補習校児童のお父さんの手作りなんです⭐️ しかも、フランスの方。チャンスがあったら近くでみてみてください。いちご会のロゴ入りなんです。杵は、大人用大と子ども用を手作りしてくださいました。


いちご会スタッフ

いちご会会長 

2015年より会長職を承りました、古賀です。

創設者の、櫻井氏のクレルモン・フェラン転出に伴い、いちご会の継続、さらなる発展のためにいちご会に力を注いでいきたいと思い、この役を受けました。クレルモン・フェラン、オーベルニュ在住で、日本と関わりのある方々に何かと力になれればと思っています。

このサイトにも説明はありますが、いちご会の主な活動目的は、ピュイ・ド・ドーム日本語補習校の運営、並びにオーベルニュ地方在住の日本と関わりのあるの方々の交流及び支援を目的としております。慣れ親しんだ生活環境を離れて、新しい生活基盤を作るのはどこに行っても、苦労がつきものです。またフランスで生活する子供が、日本の慣習を見知ることなく育っていくのは、親として常に考えさせられます。さらに、生活を始めて何か問題が生じたとき、他の似たようた境遇の人はどうしたんだろう、と考えることもあると思います。そういった悩みなどに、フランス在住の日本人の視点で情報を交換できる会としての役割を今後も充実さたく思います。

いちご会のイベントはメールリストや、ブログにて発信されています。お気軽にご参加ください。

いちご会会長 古賀 けん

Président ​ ​KOGA​ Kenneth​  

2004年より、ブレズ・パスカル大学、マグマと火山研究所所属、准教授相当 (Maitre de conferences)

副会長










共同創設者  プラ 智子       

Co-Fondatrice, Vice-Président​e    PLAT Tomoko


創設者, 最高経営責任者


2010年、ある一人の駐在員ママとの出会いがいちご会の始まりです。日本人コミュニティーもなく、1歳半のこどもが日本語で一緒に遊べる友達もいなく、同じような子育ての悩みを共有できるママサークルもない、そんなフランスの田舎町での駐在中の子育て中のお悩み相談から、いちご会のキッズイベント、親子交流ピクニックなどを開催するようになりました。

直接的な参加だけでなく、既知感としてのいちご会、「日本人コミュニティーが存在する」という安心感につながる会となり、在仏日本人の方々に安心してフランス生活、子育てをしていただけるようにと願っております。                    

櫻井 佐友里 

Fondatrice, Directrice générale, depuis 2012 

SAKURAI Sayuri (Psychologue clinicienne en spécialisée en développement de l'enfant et l'adolescent)

Facebook