第5回運動会 後記

去る10月15日、抜けるような秋空の下、エコール・マシヨン校庭にてピュイ・ド・ドーム日本語補習校恒例の 運動会が開催されました。

新年度が始まって以来、毎年のお楽しみ行事のために、 それはそれは熱心に練習を重ねてきた子供達。

日本語補習校に通う児童20名に、いちご会の子供たち14名が加わって、今年は今まで以上ににぎやかな催しとなりました。

開会式での選手宣誓に続いて、準備運動のあと、今年初めて行われる応援合戦がくりひろげられました。普段のフランス生活では経験したことのない、日本式の応援団に、子供たちも見守る大人たちも朝からエネルギー全開となりました。

徒競走では、中学生を筆頭に、小学生、幼稚園児、そして未就学児まで、力一杯走り、早くもレースはヒートアップ

続くプログラムは、補習校全生徒による表現『よさこいソーラン』。短期間に懸命に練習を重ねた子供達は、赤いハッピに赤ハチマキを身にまとって整列。力強いダンスを披露してくれました。

新プログラム『なわとび』は、8歳以上の部が特に白熱した接戦となりました。リズムよく軽々と飛び続ける中学生に、見ている誰もが手に汗握り、応援のエールを送っていました。

今では恒例となった借り物競争、玉入れも混戦白熱。

とくに、借り物競争は、日頃の日本語学習の成果を問われるゲームです。子供たちは、日本語で書かれたカードをめくり、そこに書かれているものを保護者に伝えて一緒に探してゴールまで走りました。

最後の締めは、運動会の花形、紅白対抗リレー。小学部低学年の生徒から、順に高学年、中学生へとバトンをつなぎます。

アンカーは、中学生男女。華麗なラストスパートをかける二人は大声援のなかテープを切りました。

結果は白組の優勝となりましたが、両チームとも汗ばむ陽気のなか懸命に競い、声援を送り合い、全力でがんばりました。

閉会式の後は、これも恒例のピクニック。校庭のあちこちにピクニックシートの花が咲き、美味しそうなお弁当をお腹いっぱいいただきました

みなさん、今年もご協力ありがとうございました。そして、おつかれさまでした!

ピュイドドーム日本語補習校

保護者 H美 

0コメント

  • 1000 / 1000